STOP: 0xc0000185 が発生した場合の原因と対処

0xc0000185 のエラーコードが表示された場合

0xc000185 本エラーが発生した場合の疑われる箇所や対処方法についてまとめます。

エラーの情報

回復 お使いのPCは修復する必要があります。
要求されたデバイスが接続されていないか、デバイスにアクセスできません。
エラーコード 0xc0000185
インストール メディア上の回復ツールを使用する必要があります。インストール メディア(ディスクやUSBデバイスなど)がない場合は、システムの管理者またはPCの製造元にお問い合わせください。

一般的に疑われている箇所

インターネット上の検索では、接続デバイスのケーブルなどが抜け掛かっていないか確認をするような解説・指示が多いですが、当店で実際にお調べする事例では原因が少し異なる傾向があります。

当店がお知らせしたい被疑箇所

メーカー製パソコンの場合、パソコンを使用中、自然にケーブルが抜けかかるということはありません。確率的には低い原因です。ご自身でパソコンを分解したり、HDDなどの交換・増設をされていないという条件でしたら、『ケーブルの抜けかかりよりも、何かが壊れている(例えばハードディスクなど)』 可能性をを疑うべきです。こちらの方が可能性が高いです。

一般的に実施すべき行動は

基本的にデータ保全が優先の場合、データ救出(復旧)から始めるのが正解です。

(SATAなどのケーブル接続が緩む可能性がある場合) BIOSなどで、どのデバイスが認識されているのかいないのか、確認をするのも効果的です。データ救出(復旧)の必要性がある場合は、これらの作業の優先度を下げる必要も考慮してください。
また、該当するデバイスのケーブルの差し込み状況を確認したり、可能でしたら接続ケーブル(SATAケーブル)の交換をしてみるのも効果的です。

(SATAケーブルなどの緩みが考えにくい製品の場合)
該当デバイスの不良も考えられますので、ODD/HDD/SSD などのデバイスの個別検査や交換も効果があります。
データ救出の必要性を考慮しながら、優先順位をご検討ください。
最終的に、いずれのデバイスを交換しても改善しなければデバイス以外(= 例えばメイン基板)などという簡易診断も宜しいかと思います。

本格的な対処は専門のお店にお任せください

分解検査を伴いますので、知識に自信のない方は、(必要であれば) すぐにデータ救出を依頼してください。
それから、故障個所の特定という順番が基本です。


arrows-right-green1戻る STOPコード一覧


ブルーバック・エラーの追跡調査も実施いたします。

精密診断などを用いて、客観的にエラーの原因を特定・判別できます。
ご自身で問題点の特定ができない場合には、ご依頼ください。

精密検査、修理のご相談はパソコン360へ。電話番号028-666-0736