このメーカー・ブランドはどこの国?

あのメーカーがどこの国?このブランドはどこの会社か?

インターネットの普及に伴い、地元の販売店で売っていないような製品やブランドを目にする機会が増えてきました。今までのようにお店に行って製品を選んで購入する時代であれば、そのお店が設定した基準を満たさない製品は目にする機会すら無かったと思います。

現在は、インターネットが普及した副作用と申しますか、利用者(購入者)が商品検索を通して、色々な商品に接することができます。例えば、最近起業した・発売されたばかりのブランドや、日本国内での販売実績が少ないメーカー、悪いところではどこかの下請け工場の品質検査で弾かれた不合格品が、流通の中でロンダリングされ、通常品のように販売されていたり、偽物(コピー商品)に至るまでさまざまな物があります。

インターネットを通じて、商品情報にダイレクトに接する場合、そもそもこれを選ぶのが正解なのか?そもそもどこの国のものなのか?知らずに買って後悔したり、シンプルに値段で選んだらとんでもない粗悪品が届いたり、トラブルに遭ったりすることも多いんじゃないかと思います。
日本には昔から有名なメーカーやブランドがありますので、できることなら国内メーカーを支援して頂きたいですし、一部の怪しいメーカーの餌食にならないよう、警鐘のようなものが鳴らせたらと思い、このページが作成されています。

この手のトラブルを防ぐ唯一の方法は、あなたの目利き能力を高めることしかありません。
良い商品・ブランドを選ぶ能力は、言い換えると『価格やクチコミ、宣伝に影響されずに、商品の本質を見抜けるか?』です。本来商品には適切な価格帯があり、大きく逸脱している価格の商品は、経験上何かしらの問題を抱えていることが多いです。

読み進める前の確認事項

各メーカー・ブランドには、当店からひとことコメントが記されていますが、あくまでも当店による感想であり意見です。善し悪しの情報は人により感じ方に差があります。ここの情報を参考にされるのは構いませんが、購入・利用については各人の責任になります。引用・転載は禁止、リンクはこのURLにお願いします。
記載する内容には誤りが無いよう努めますが、最新の情報であることは保証できません。最新情報の確認は読み手の皆様にお願いいたします。
ここに登場するブランドはパソコンやIT機器の範囲に絞ります。一般家電ジャンルは数が多く対応しきれません。

通販サイトにおける、新規ブランドについて

Amazon(アマゾン)を筆頭に、聞いたこともないようなブランドの製品が沢山販売されていて、ここ数年で見ると爆発的な数のブランドが乱立しています。ごくわずかではありますが、本当にお求めやすい価格で、商品の質も良いブランドがある一方、かなりの数存在しているのが、どこの国・会社が製造し、だれが販売しているのか?サポート手段があるのか?アマゾンのクレーム処理のみでの対応なのか?など、その商品に関する情報がほとんど判らないブランドがあったり、商品本来の品質とは、かけ離れたさくらのクチコミが多数書き込まれている商品なども多いように感じています。

また、クチコミの偽装などがビジネスとして成り立っている世の中です。数枚の写真と、クチコミだけで商品を購入することがどれほど難しいか?お値段や評判を鵜呑みにするのではなく、どうしてこの会社は安く販売できるのか?どうしてこの商品は沢山の方に売れているのか?そういった基本的な情報も意識しながら商品選びをされるよう、切に願っています。

→ メーカー・ブランドの基準

索引テーブル

メーカーやブランドの頭文字を触っていただければ、その項目にジャンプいたします。
『A』🔸 /『B』🔸 /『C』🔸 /『D』🔸 /『E』🔸 /『F』🔸 /『G』🔸 /『H』🔸 /『I』🔸 /『J』🔸 /『K』🔸 /『L』🔸 /『M』🔸 /『N』🔸 /『O』🔸 /『P』🔸 /『Q』🔸 /『R』🔸 /『S』🔸 /『T』🔸 /『U』🔸 /『V』🔸 /『W』🔸 /『X』🔸 /『Y』🔸 /『Z』🔸 /数字日本語

索引 – A で始まるメーカー・ブランド

→ 解説にある語句の説明
『A』🔸

索引 – B で始まるメーカー・ブランド

『B』🔸

索引 – C で始まるメーカー・ブランド

→ 解説にある語句の説明
『C』🔸

索引 – D で始まるメーカー・ブランド

『D』🔸

索引 – E で始まるメーカー・ブランド

→ 解説にある語句の説明
『E』🔸

索引 – F で始まるメーカー・ブランド

『F』🔸

索引 – G で始まるメーカー・ブランド

→ 解説にある語句の説明
『G』🔸

索引 – H で始まるメーカー・ブランド

→ 解説にある語句の説明
『H』🔸

索引 – I で始まるメーカー・ブランド

→ 解説にある語句の説明
『I』🔸

索引 – J で始まるメーカー・ブランド

→ 解説にある語句の説明
『J』🔸

索引 – K で始まるメーカー・ブランド

→ 解説にある語句の説明
『K』🔸

索引 – L で始まるメーカー・ブランド

→ 解説にある語句の説明
『L』🔸

索引 – M で始まるメーカー・ブランド

『M』🔸

索引 – N で始まるメーカー・ブランド

『N』🔸

索引 – O で始まるメーカー・ブランド

→ 解説にある語句の説明
『O』🔸

索引 – P で始まるメーカー・ブランド

→ 解説にある語句の説明
『P』🔸

索引 – Q で始まるメーカー・ブランド

『Q』🔸

索引 – R で始まるメーカー・ブランド

『R』🔸

索引 – S で始まるメーカー・ブランド

『S』🔸

索引 – T で始まるメーカー・ブランド

『T』🔸

索引 – U で始まるメーカー・ブランド

『U』🔸

索引 – V で始まるメーカー・ブランド

『V』🔸

索引 – W で始まるメーカー・ブランド

『W』🔸

索引 – X で始まるメーカー・ブランド

『X』🔸

索引 – Y で始まるメーカー・ブランド

『Y』🔸

索引 – Z で始まるメーカー・ブランド

『Z』🔸

索引 – 数字 で始まるメーカー・ブランド

索引 – 日本語 で始まるメーカー・ブランド

アルファベットのロゴがある場合、英文字の順に組み込んでいます。
【例】富士通株式会社 → 『Fで始まるメーカー』🔸


兆芯 ちょうしん → 『Zで始まるメーカー』🔸

メーカー・ブランドの基準

主体 は、メーカーであれば本社の所在地などを参考に、その実体がどこにあるのか判断します。組織が変更になった場合や、買収・合併、親会社の変更などがあった場合には、指揮系統が現在どこにあるのか、できるかぎり調べて判断します。
ブランドの場合は、どのメーカーが販売しているか、できればどこのメーカーが開発しているかが判れば記載します。
業種 は、開発しているのか、販売をしているのか、何かしらの業務代行をしているのか、組織とソフトウェアとの関わりについてお知らせすることがあれば記載します。
判断 は、信用に足る情報があれば提供いたしますし、なければその組織に生い立ちから判断して頂きます。
アドバイス は、これを使うべきか否か?の問い合わせに対して、当店の意見となります。幸い同様のソフトウェアは沢山ありますので、信頼に足らないソフトウェアは極力手を出さないが当店の基本方針です。

PB商品 (プライベート商品について)

PB商品には、もちろん製造するメーカーや生産地がありますが、一般的にこれらが公表されることがないので、基本的には掲載していません。個人的な意見として、PB商品は、デザインに惚れたり、販売店を信じたり、圧倒的な価格差に納得して、購入に至る性質の商品です。製造メーカーの名前で販売してもお客様のハートをつかめないのでPB生産に乗っかるのです。PB商品の中には、『PBだけど、実は○○メーカーの部品が使われています。』みたいな、PBだけど中身は一流みたいな宣伝や情報が飛び交う場合がありますが、裏を返すと『自分のところの部品・商品であることを伏せて販売している』ということでもあり、その真偽や価値についてはよくよく見極める必要があります。 とにかく、製造メーカーとしての信頼性を確認したい、気にしているのであれば、PB商品でなく各メーカーが発表している、普通のブランド商品を購入検討するべきです。


本ページに書かれている内容は、当店の感想や意見が含まれています。情報の利用についてはご利用者様自身の判断と責任においてお願いいたします。引用・転載は厳禁です。
タイムリーに更新できるかはわかりませんが、状況変わった場合には変更してゆきたいと思います。